スマイルリハビリセンターフィジオ
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 研究日誌BLOG

研究日誌BLOG

2013.06.07

日光浴

先日ある利用者様に日光浴はどのくらいしたらよいの?

と質問を受けました。

 

明確にこれくらいという時間等が提示できなかったので私なりに調べてみました。

先日TVで「手のひら日光浴」というものが紹介されました。

 

現在は紫外線量が非常に多いために直接皮膚に紫外線を浴びることはあまり推奨されておりません。そのような中で新陳代謝が多く、しみになりにくい手のひらを利用して日光浴をするというものでした。

 

そもそも日光浴はビタミンDを生成するために必要です。

 

日光浴は時間にして20分以内で十分なようです。

 

ではそもそもなぜビタミンDが必要なのでしょうか?

 

ビタミンDは消化管におけるリン酸とカルシウムの吸収を促進し、骨のカルシウム蓄積を促進します。

ちなみにカルシウムを多く含む食品は以下の通りです。




牛乳が少ないのが意外ですね。

 

またカルシウムが少なくなることで骨粗鬆症が発生してしまいます。

骨粗鬆症には2種類あります

Ⅰ型(閉経後)骨粗鬆症:閉経に伴うエストロゲンの減少                                  

Ⅱ型(老人性)骨粗鬆症:骨芽細胞機能の低下・腸管からのCaの吸収抑制・Ca代謝平衡の乱れによって骨の量が減少する。                                                                                                                                 

骨粗鬆症には運動も必要です。

 

骨吸収と骨形成の平衡性が崩れる(アンカップリング)→骨代謝回転が亢進骨吸収と骨形成が行われ(リモデリング:骨量は変化しない)、その骨代謝回転の平衡性は保たれている(カップリング)。

モデリングとは外力によって一方に新たな骨を添付し、もう一方を骨吸収する。よって骨の形成が変化する。またこの際に骨量が増える。

 

このモデリングを促進させるためには外力→運動による骨刺激が必要となります。                                                                                                                                        

                                                                                                                                            

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

カテゴリ

投稿者

アーカイブ

最近の記事

Photo:スマイルリハビリセンターフィジオ外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL.048-280-0515

スマイルリハビリセンターフィジオ

〒334-0073
埼玉県川口市赤井1-10-2

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作