スマイルリハビリセンターフィジオ
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 研究日誌BLOG

研究日誌BLOG

2016.09.13

先日、地元青森に帰省してねぶた祭に参加してきました。

毎年、どこからこんなに人が集まってきたんだ!?というくらいにぎやかなねぶた祭。

地元を離れてからも、なんだか毎年参加したくなってしまうねぶた祭。

今日はそんなねぶた祭の魅力についてご紹介致します。

 

青森ねぶた祭は、毎年82日から7日に開催されます。

ねぶたは、歌舞伎を題材にした巨大な山車を運行するものです。

この祭りの正確な起源は定かではないですが、現在では七夕様の灯ろう流しの変化した形だ

とする説が有力だそうです。

七夕祭りは、けがれを川に流す行事で、ねぶた祭にもねぶた人形を川や海に流す風習があり

ます。

 

○歴史

青森ねぶた祭の歴史に目を向けてみると、忠実に登場するのは江戸時代の17161735年のこ

と。

青森の油川において、人々が灯ろうを持って踊り歩いたとされ、これが記録に残る青森ねぶ

た祭の最初です。

およそ300年の歴史を持っているということがわかります。

 

○「ラッセ、ラッセ、ラッセラー」

大型のねぶたが運行する後ろで、一緒に街を練り歩く踊り手を跳人(ハネト)と呼びます。

ハネトは、ねぶた囃子に合わせて、飛び跳ねるようにエネルギッシュに踊ります。

また、ハネトたちは、「ラッセ、ラッセ、ラッセラー」というかけ声をかけながら練り歩き

ます。

「ラッセ」の意味は、「(酒やろうそくを)いっぱい出せ」がなまって「イッペラッセ」とな

り、簡略化されて「ラッセ」が残ったものだそうです。

そんな意味があるとは、今日まで知らずにかけ声をかけていましたが、みんなで合わせて発

声しやすく、勢いづく、今更ながら良いかけ声だなと思います。


上記のような魅力溢れるねぶた祭、皆さんもぜひ一度青森へ足を運び、体感してみてはいか

がでしょうか?


ねぶた3.jpg




















投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2016.07.30

祖父母手帳

「祖父母手帳」をご存知ですか?

さいたま市で発行している、赤ちゃんの親とその祖父母のための冊子です。


kazoku.jpg 


時代が変わっていく中で子育ての情報もネットですぐに検索できるようになり、育児方法も変わってきました。

 

昔は常識だったことでも今では違う見解だということも少なくありません。

しかし育児に関わっていなかった期間が長い祖父母世代は、自分たちの子育てを思い出しアドバイスなどをされる方も多いでしょう。

昔と今の子育ての「常識」の違いを理解し育児をすれば、お互いに子育てがスムーズにいきます。

 

ところで昔と今の子育ての常識、いったい何が変わったのでしょうか?


-----------------------------------------

 

1.  抱っこ

昔・・・抱き癖をつけない方が良い

今・・・抱っこは心の成長に大切なので、抱き癖は気にしなくて良い

 

2.うつぶせ寝

   昔・・・頭の形が良くなる、寝つきがよくなる

   今・・・乳幼児突然死症候群(SIDS)から赤ちゃんを守るため、厚生労働省は仰向けを啓発している

 

3.離乳食の進め方

   昔・・・3、4か月頃に離乳食の準備として果汁やスープをスプーンで与えていた

   今・・・低栄養や発育障害との関連が報告されており、果汁を与えることはすすめられていない。また咀嚼機能発達の観点からも、スプーンは5、6か月頃からでよい。

 

4.おむつはずれ

   昔・・・早めにはずした方が良い

   今・・・子供の体調や発育を見ながらのんびりと進める

 

5.日光浴

   昔・・・日光浴をしないと、くる病(ビタミンD欠乏症)になる

   今・・・オゾン層の破壊で紫外線量が増加したことにより、「日光浴」ではなく「外気浴」を勧めている。直射日光を受けないように注意する。

 

----------------------------------------- 


その他にもいくつかありますが、母子手帳の内容も上記のように変わっています。

 

祖父母にとってはかわいいお孫さん。かかわりの中で生活に張りも出てきます。

一方で子育てをめぐって意見が食い違うことも。

自分の親なら言えることでも、義両親には言えないということも少なくないようです。

そのようなときにこの手帳をお互い読んで理解しあえば、良い関係が築けるのではないでしょうか


mago.jpg

 

この手帳はさいたま市の各支所などで無料配布されています。

市のホームページからも無料でダウンロードできますので、気になる方は是非ご覧ください。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2016.06.11

毎年恒例 日帰り旅行

毎年恒例の日帰り旅行!!

 

2016424日(日)に森林公園へ行ってきました。

朝から川口はあいにくの雨。しかし、森林公園方面は晴れのマークになってますのではりきって行きましょう。

大型バスを貸し切り出発!

さいたま事業所と川口事業所の合同で実施するため大所帯です。

午前中のうちに森林公園に到着。体力に合わせて、徒歩組とバス組に分かれて、少し離れたハーブ園で落ち合うことに。

入口から徒歩グループは緩やかな坂道の脇を新緑を楽しみながら移動。

バスクループは可愛いらしい園内バスに乗車し風を切りながら移動。

気候は朝からの雨を感じさせない、さわやかな初夏の空気。絶好のお散歩日和でした。


CIMG6535.JPG

林公園を満喫した後は、昼食のお寿司を食べにお寿司屋さんへ。

お腹ぺこぺこ~。皆さん美味しそうに召し上がってました(*^_^*

昼食の後は吉野いちごの里の道の駅に寄り道。

産地の採れたて野菜や道の駅の名前にもなっているいちごを目当てに沢山の方がいらしてました。皆様お土産買ったり、思い思いに過ごして、帰宅となりました。

あるご利用者様から前回の日帰り旅行の時よりも長く歩けるようになったなどリハビリの成果を感じた方もいたようです。とても充実した日帰り旅行になりました。

また来年も楽しみにして下さいね。

↓川口事業所のスタッフ

CIMG1017.JPG

投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2016.02.13

花粉

今週から目の痒み・鼻のむずむず・頭痛等の症状でてきました。

ついに花粉シーズンがスタートです。

 

花粉症の一般的な症状は、くしゃみ、水性鼻漏、鼻閉す。それ以外にも咽頭部や眼のかゆみや異物感、流涙、頭痛、皮膚炎のような症状などさまざまな症状を示します。

日本気象協会によるとスギ花粉のピークは

花粉.jpg

3月上旬から中旬の見込みです。

 

また、花粉は日々の天気によっても飛散量に変化がみられます。花粉が飛散しやすいと言われているのは

1)雨上がりの翌日

2)晴れて気温が高い日

3)空気が乾燥する日

4)風が強い日

があげられます。

 

毎年例年より多く花粉が飛ぶという声を耳にすると思います。東京都内の飛散花粉数の過去10年平均の経過は平成6年に比べて、2倍以上に増えています(下記グラフ参照)。今年は花粉の飛散数は例年より少ないと予測されています。

 

花粉.gif

 今から花粉症対策を行ないスギ花粉のピークとなる3月上旬を乗り切りましょう。


投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2016.02.01

塗り絵

最近、書店で目にするのが「大人の塗り絵」

密かにブームがきているようで、私も実際に購入し挑戦してみました。

塗り絵は子供から大人まで、誰もが楽しむことが出来ます。大人の塗り絵シリーズは、子供向けの塗り絵と違い、デザインの緻密さ、複雑さ、美しさ、アート性の高さなどにあります。指先が器用で表現力も豊かな大人だからこそ楽しめる内容となっています。

 

塗り絵を行なう事で得る事の出来る効果は、幼い時から塗り絵に親しむことで、色彩感覚や構図を組み立てる能力が育まれます。ひとつのことに向き合う集中力がつき、どうしたら上手に塗ることが出来るのか自分で考え、工夫する力も養われると言われています。また、作品が完成した時の達成感も大きな魅力の一つです。

 

また大人にとっては、どのような効果、魅力があるのか調べてみました。

以下の通りになります。

・デザインにそって色を塗るだけなので、絵が苦手な人でも楽しめる

・色の使い方ひとつでオリジナルの絵を描くことができる

・完成させると達成感が得られる

・脳の働きを活性化することができる

・集中力をアップさせられる

・ストレス発散やリラックス効果がある

・創造力を高めることができる

 

上記の脳の働きを活性化する事が出来るとの点から...脳にどのような役割がされているかまとめてみました。

・手を細かく動かす、塗るプランを立てる、技法を使って色を塗る→前頭葉

・全体のバランスを考える→頭頂葉

・色や形を思い出す・記憶する→側頭葉

・下絵を見極める→後頭葉

 

このように脳全体を働かせることで、知らず知らずのうちに脳トレ状態になり、老化の予防につながるのだそうです。その事から、デイサービス等でも取り入れられているとのことです。みなさんも気分転換に塗り絵はいかがですか?

 

11007743_1536153720006300_1026345802_n.jpg

投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2016.01.13

自己紹介

はじめまして

10月より入社しました、加藤と申します。

初めてのブログとなりますので、少し自己紹介させて頂きます。

 

埼玉県川口市で生まれる

小、中、高と地元川口の学校を卒業

3歳からクラシックバレエを始め高校生の3年間バレエの指導をする。

高校卒業後、柔道整復師の専門学校に通う。

専門学校卒業後、接骨院で働く。

スマイルリハビリセンターに就職。

 

 

柔道整復師の免許を取ろうと思った理由は

自分がバレエで怪我をすることが多く良く接骨院に通っていたので

自分も柔道整復師になりたいと思ったのがきっかけでした。

 

こちらでは接骨院やバレエの経験を活かし

少しでも楽しく身体の機能を改善できるように運動を考えてまいります。

皆様にご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、

周りの先輩方に教えていただきながら少しでも

皆様のサポートができるよう努力して参りますので

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2015.12.22

高齢者の交通事故について

川口事業所の榎本拓也です。

2015年10月に入社致しました。今後とも宜しくお願います。

さて、最近ご高齢者の交通事故に関するニュースが増えているように思います。年末年始は何かと外出の機会も多くなると思います。皆様におかれましても交通事故に注意して、楽しくお過ごし頂ければと思い掲載致します。        ~平成24年度交通白書から~

 

 

 

交通安全意識の浸透や自動車の安全性能の向上などにより、交通事故による死者数は年々減少傾向にある一方で、65歳以上の高齢者が占める割合は年々高くなっています。平成24年の1年間に交通事故で亡くなった方は約4,400人。そのうち、65歳以上が約半数となっており過去最悪の割合を占めています。

01_01.png

【図1】交通事故の死者数及び65歳以上が占める割合の推移(平成15年~24年 警察庁)

 

高齢者の交通事故死者の内訳をみると、最も多いのが歩行中の事故死でほぼ半数、次いで自動車乗車中、自転車乗用中の順になっています。また、死亡事故が発生した時間帯をみると、夜間の歩行中に交通事故に遭って亡くなった高齢者数は昼間の2倍近くに上っています。

高齢者が遭いやすい交通事故には、いくつかの特徴がみられます。ここでは、歩行中、運転中に高齢者に多く見られる事故のパターンやその原因について説明します。

【歩行中の事故】

横断歩道以外の場所の横断や走行車両の直前・直後の横断、横断歩道での信号無視など、事故原因のほとんどが高齢者自身による交通ルール違反となっています。しかしその背景には、老化による体力や判断力の低下など、個人差はあるものの、高齢者に特有の事情があります。

ケース1:横断途中で信号が「赤」に・・・

「青」信号で横断歩道を渡り始めたのに途中で「赤」に変わってしまい、事故に遭ってしまうケースです。高齢者本人は信号が青のうちに渡りきれるつもりですが、実際に歩く速度は本人が思っているよりも遅く、時間がかかってしまうためです。

01_07.png

ケース2:後から現れた車に気を取られて・・・

道路を横断しようとしたときに、

1.     左から来る車に気づいて一度立ち止まる

01_04.png

2.     路地(右)から来た別の車にビックリ

01_05.png



3.     2の車が通過したのに安心し、1の車を忘れる。

01_06.png


4.     道路を渡ってしまい、1の車にひかれる

01_07.png



高齢になると身体の衰えだけでなく、情報を処理する力も落ちることから、このような事故に巻き込まれやすくなっています。なお、高齢者の交通事故のうち約半数は自宅から半径500メートル以内という身近な場所で起こっています。最近ではカーナビなどの普及によって、道幅の狭い生活道路でも抜け道として利用する車も増えているため、「慣れている道だから」「今まで危ないことはなかったから」という油断は禁物です。

【運転中での事故】

高齢ドライバーによる死亡事故の主な原因として、アクセルとブレーキの踏み間違いなどの「運転操作不適※1」や、「漫然運転※2」「安全不確認」があります。ほかにも警察庁によると、重大事故につながる高速道路での逆走は、7割以上が高齢ドライバーとなっています(平成228月~平成249月までの2年間)。運転歴何十年というベテランが多いにもかかわらず、高齢ドライバーが事故を起こしてしまうのは、歩行者のケースと同じく、止まれると思ったポイントで停車できない、一つの事象にとらわれ、ほかの情報を見逃すなど「意識と行動のミスマッチ」や慣れが影響しています。

原付以上の車両運転中の高齢者による主な法令違反別死亡事故構成率(平成24年 警察庁)

01_08.jpg 

※1運転操作不適・・・アクセルとブレーキの踏み間違い、ハンドル操作の誤りなど
※2
漫然運転・・・相手の自動車や歩行者を発見しても「~しないだろう」と思い、気にせず漫然と運転する など

 

 

 

【外出の注意】

いつも通っている道でも、次のようなことに気をつけてください。

 

1)交通ルールを厳守

·         信号無視はしない

·         横断禁止の標識(右図)がある場所では横断しない

·         道路を渡るときは横断歩道や歩道橋などを利用 など 

                                                  01_09.gif

2)自分の運動能力や身体機能の変化を認識し、ゆとりを持って行動を

年を取るにつれ、若い頃と比べて運動能力や身体機能が低下します(「以前は5秒で道路を渡れたのに、今は10秒もかかる」など)。こうした変化を自覚して、無理をせず安全な歩行を心がけましょう。

3)道路の横断や、交差点の通行時には十分に安全確認を

道路横断前、横断中は何回も左右の確認を。

(4)高齢歩行者の存在を積極的にドライバーに知らせることが有効です。夜間に外出するときは、次のような服装を心がけましょう。

·         白や黄色といった明るい色の服装

·         車のライトを反射する「反射材」を身に付ける

特に反射材は有効です。黒っぽい服の着用時と比べて、最大で約4倍離れた距離からドライバーが認識できることが判明しています。

反射材用品には、キーホルダー型や洋服や靴に貼り付けるシールなど、さまざまなタイプがあり、街のホームセンターなどで簡単に手に入ります。

01_10.jpg 

写真:反射材の例

 


投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2015.12.04

健康は足裏から

先日、フットコンディショニングの講習会に参加してきました。

コンディショニングとは、簡単に言うと、良い状態に整えるということです。

良い状態とは、

筋肉に弾力がある、姿勢が美しい、正常な呼吸・体温、安定した心理状態

等が挙げられます。

フットコンディショニングの中でも、今回はご自分でも簡単に取り入れることのできる、足裏の3つのツボをご紹介します。

 

    湧泉(ゆうせん)

たてに上から1/3、よこに1/2の位置にあります。

  むくみ、だるさ、頭痛、腎経、婦人科系のツボです。

    足心(そくしん)

足裏のど真ん中の位置にあります。

1点全穴(ぜんけつ)全身のツボにつながっている、疲労回復のツボです。

    失眠(しつみん)

かかとのど真ん中の位置にあります。

眠りをコントロール、イライラ、だるさのツボです。


足裏2.jpg












<ツボ刺激の仕方>

    、②に関しては、1か所3秒、息を吐きながら3回圧します。

(1・2・3と声を出すと息を吐けます)

戻すときも同じスピードで、息を吸いながら戻します。

  ③に関しては、失眠のツボを1回押して、その後かかとの周りを圧します。

  おにぎりを握るようにかかとを包み、刺激すると良いそうです。

 

セルフコンディショニングですので、思いついた時にいつでも行なうことができます。

私は、この講習会に参加してから、困った時は足裏のど真ん中(②足心)を圧そう!と心に決めています。

また、最近、ぐっと気温が下がり、足先が冷えている方も多いのではないでしょうか?

今回はツボについてご紹介しましたが、足の指を1本ずつ回したり、足首を回したりするだけでも血流がよくなり、体が温まってきます。

テレビを見ながらでもできる運動ですので、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか!?

足裏から体の調子を整え、寒い冬を乗り切りましょう!



健康.jpg

投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2015.11.17

止心について

1129日(日)に、剣道五段の昇段審査を受けることになりました。

剣道では、昇段審査を受けるための条件が決められています。(特例も有り)

初段・・・満13歳以上の者

二段・・・初段を取得して1年以上修業した者

三段・・・二段を取得して2年以上修業した者

四段・・・三段を取得して3年以上修業した者

五段・・・四段を取得して4年以上修業した者

六段・・・五段を取得して5年以上修業した者

七段・・・六段を取得して6年以上修業した者

八段・・・七段を取得して10年以上修業し、且つ、満46歳以上の者

この条件をみれば、学生に高段者がいない理由がわかると思います。

 

そして、剣道の昇段審査には実技審査だけでなく筆記試験があることをご存知でしょうか。

剣道五段の筆記試験課題である「止心」についてご紹介します。

まず、読みかたは「ししん」と読みます。

辞書で検索すると、「心をとめる」「心がとまる」「とらわれの心」と出てきます。「心がある一つのことに奪われてしまい、そのために全体やほかのところが見えなくなって注意が及ばない状態、できない状態になること。」とあります。剣道において、どこか一点に集中してしまうと、相手全体を見ることができずに、相手の動きに反応できないとされています。そうならないためには、全体をじっくり見通すように心がけることが大切です。

たとえば、稽古や試合の最中に「打たれたくない」という思いが生じると、相手に打たれないよう竹刀をかわそうとばかりに心を止めて、相手の竹刀しか見えない状態になってしまいます。これが「止心」です。

 

ここでは簡単に説明させて頂きましたが、試験ではもっと詳しく論じなくてはいけません。また、実技審査では試合と形(かた)があります。皆様に良い報告ができるように、がんばりたいと思います。


                      きゅぽらん.jpg

                          参考...全日本剣道連盟ホームページ


投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

2015.10.30

今月親知らずを抜き食事がうまくとれず大変だったので"歯"について調べてみました。

 

歯は親知らずを含めて32本の歯で構成されます

8020運動は皆さん聞いた事があるでしょうか?

1989年より厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。歯が抜けてしまうと、しっかりものが噛めなくなり、下図のように食べられるものの種類が減ってきます。つまり、1828本の歯があれば、フランスパンやたくあん等、かたい食べ物でも食べられますが、05本しか歯が残っていないと、バナナやうどんなどやわらかいものしか食べられなくなってしまうと言われています。

そのため生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるようにとの願いを込めてこの運動 が始まりました。20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

 

昭和6280歳以上で20歯以上有する者の割合は7.0%、80歳の平均歯数は4.0本でした。平成17年には、8020達成者が初めて20%を超え24.1%、80歳の平均歯数は9.8本と倍以上に増加がみられています。

歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。生活習慣病と言われるこの病気は、初期を含めると成人の80%以上がかかっていると言われております。今だけではなく未来も食事を楽しむ為に歯磨きなど毎日の手入れと併せて、口の中の衛生指導などを行っている歯科医院に定期的に通う習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 

________________.JPG

投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

カテゴリ

投稿者

アーカイブ

最近の記事

Photo:スマイルリハビリセンターフィジオ外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL.048-280-0515

スマイルリハビリセンターフィジオ

〒334-0073
埼玉県川口市赤井1-10-2

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作