スマイルリハビリセンターフィジオ
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 研究日誌BLOG

研究日誌BLOG

2015.10.30

今月親知らずを抜き食事がうまくとれず大変だったので"歯"について調べてみました。

 

歯は親知らずを含めて32本の歯で構成されます

8020運動は皆さん聞いた事があるでしょうか?

1989年より厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。歯が抜けてしまうと、しっかりものが噛めなくなり、下図のように食べられるものの種類が減ってきます。つまり、1828本の歯があれば、フランスパンやたくあん等、かたい食べ物でも食べられますが、05本しか歯が残っていないと、バナナやうどんなどやわらかいものしか食べられなくなってしまうと言われています。

そのため生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるようにとの願いを込めてこの運動 が始まりました。20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

 

昭和6280歳以上で20歯以上有する者の割合は7.0%、80歳の平均歯数は4.0本でした。平成17年には、8020達成者が初めて20%を超え24.1%、80歳の平均歯数は9.8本と倍以上に増加がみられています。

歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。生活習慣病と言われるこの病気は、初期を含めると成人の80%以上がかかっていると言われております。今だけではなく未来も食事を楽しむ為に歯磨きなど毎日の手入れと併せて、口の中の衛生指導などを行っている歯科医院に定期的に通う習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 

________________.JPG

投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

コメントする

コメントは承認が必要となります。
承認されるまでコメントは表示されません。しばらくお待ちください。

お名前

メールアドレス(表示されません)

URL

 この情報を登録しますか?

コメント

カテゴリ

投稿者

アーカイブ

最近の記事

Photo:スマイルリハビリセンターフィジオ外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL.048-280-0515

スマイルリハビリセンターフィジオ

〒334-0073
埼玉県川口市赤井1-10-2

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作